トップ >>  ペインクリニックとは
当院からのメッセージ

ペインクリニックとは痛み治療を専門に行う診療所です。

麻酔科医は手術時に患者さんの痛みのコントロールと全身管理を行います。ペインクリニックでは、手術時の麻酔の技術や薬剤に関する知識を応用して、痛みの診断と治療を行います。
痛みでお困りではないですか
  • 腰、膝、肩、首などの痛みを伴う整形外科的疾患について、神経ブロックなどペインクリニック療法とリハビリテーションを併用することによってより効果的に治療を行うことができます。
  • 帯状疱疹後神経痛や三叉神経痛に代表される慢性の神経痛に対して専門的な治療を提供します。
  • がんの痛みにもペインクリニック的治療が効果的な場合があります。痛み治療の専門医としてがんの主治医の先生と一緒になって治療にあたります。(主治医の先生の紹介状をお持ちください。)
薬物療法
鎮痛剤(痛み止め)の知識が豊富な麻酔科医として、患者さんの症状に合わせた適切な薬と適切な量を選択します。痛み止め以外にも鎮痛補助薬と呼ばれる薬も使用し、痛みを和らげます。漢方、シップや塗り薬などの外用薬も使用します。
※以前にお薬を飲んで、こんな副作用で困ったなど、お気軽にご相談ください。
神経ブロック注射
神経ブロック注射は"痛みの悪循環"を断ち切ることが最大の役目です。 痛みの原因となっている神経または神経の近くに、局所麻酔薬という痛み止めを細い針で注入することによって、痛みを和らげます。 ブロック注射を行うと痛みの改善とともに、周囲の血流も改善するので痛みの原因物質を洗い流し、傷んだ神経に栄養が届きやすくなります。 痛みを感じている神経を一時的に休めたりすることにより、慢性的の神経痛が治癒することも多いです。
※脳梗塞などで血をさらさらにする薬を内服中の患者さんの場合は、お薬を中止する必要がありますので、診察時にご相談ください。
その他の療法
痛みの軽減や痛い部分の血流改善、筋肉の緊張やこわばりを和らげるため、電気刺激療法近赤外線レーザー照射を使用します。
当院での診察および治療の流れ

問診 診察

  患者さんに必要な検査をします。

検査

  患者さんに適切な治療について相談の上決定します。

内服治療 外用薬治療 リハビリテーション

  内服治療で治療効果が不十分な場合

神経ブロック療法について検討し、適応と判断すればブロック治療を行います。

  ブロックの適応が無い場合やブロック治療の効果がなかった
場合

手術療法が適応と考えられる場合は、適切な施設をご紹介します。

月火木金 13:00〜16:00 訪問診療

お知らせ

内服中のお薬によって治療の内容がかわる
ことがありますので、お薬手帳(お薬の説明書)
または、現在内服中のお薬をご持参ください。

このページのトップへ